閉じる

ログアウトしてもよろしいですか?

読みもの

祇園祭と愉しむ、粋な酒。

2015.7.10

FacebookTwitterGoogle+
r_main_150705

コンチキチン、コンチキチン…。
今年も京都に祇園祭の季節がやってきました。
昨年から復活した後祭の山鉾巡行も見逃せません。

祇園祭と言えば、7月17日の山鉾巡行とその前三日間の宵山の印象が強いですね。
けれども、実際の祇園祭は、7月1日の吉符入(きっぷいり)から
7月31日の疫神社夏越祭(えきじんじゃなごしさい)まで1か月間を通して、数々の神事をとりおこないます。
特に、2014年からは、後祭の山鉾巡行が復活し、趣の異なる二度の巡行と宵山が味わえる祭として、さらに歴史的な重みを増してきました。

祇園祭が行われる八坂神社の祭神は素戔嗚尊(スサノオノミコト)。
素戔嗚尊と言えばお酒の力を借りて、ヤマタノオロチを退治した日本有数の勇猛な神様です。
そのためかどうか、この祇園祭には、粋な日本酒が驚くほどよく似合います。
ハレの日にこそ飲みたい黒松白鹿「純米吟醸」は、その涼しげな佇まいからは想像できないほど華やかでふくよかな口当たり。
それは、幾度もの大火や戦乱にも負けず、1100年以上伝統文化を守ってきた京都の町衆の心意気にも通じます。

祇園祭は、まさに、京都が生み出した世界に誇るべき、動く一大芸術作品にほかなりません。
宵山では、美味しい日本酒で頬を赤く染め、山鉾巡行では、お神酒代わりに身を清める。
はんなりと、それでいて勇壮に…。
祇園祭の歴史は、ヤマタノオロチもつい酔いしれてしまった、日本の本物のお酒と共に、これからも幾久しく続いていくことでしょう。

FacebookTwitterGoogle+

関連記事