閉じる

ログアウトしてもよろしいですか?

白鹿 蔵出し甘酒
  • 白鹿 蔵出し甘酒
  • 白鹿 蔵出し甘酒
  • 白鹿 蔵出し甘酒

白鹿 蔵出し甘酒

江戸時代から愛された栄養満点なドリンク。

包装× のし×

包装・のし紙についてはこちら

商品番号 79436
価格 129円 (税込)
購入数
品名 白鹿 蔵出し甘酒
内容量 150g
原材料名/
素材名
砂糖、酒粕、砂糖・ぶどう糖果糖液糖、米こうじ、しょうがペースト、食塩、調味料(アミノ酸)、ph調整剤、ゲル化剤(増粘多糖類)
アルコール度 1%未満
Facebook Twitter Google+

「白鹿 蔵出し甘酒」は、しょうがの風味がほんのりと感じられる、酒粕と米こうじから作られた甘酒です。薄めずにそのままお召し上がり頂けるストレートタイプで調理も簡単。温めても冷やしても美味しく、四季を通じてお飲みいただけます(温めても色が付きにくい製造特許申請中)。長期保存・品質保持に適したレトルトパウチです。

■甘酒のおはなし
「あまーい、あまーい、あまざけぃ?あまざけぃ?」の声が町に響きます。江戸時代には、行商の甘酒売りがやってきて、夜には涼しい川風が吹き抜ける橋のたもとや、川端で商売をしていました。
しょうがのしぼり汁をたらした甘酒を飲むと、発汗作用により血行が良くなり汗が出ます。そこに川風が吹くと汗が納まり、涼しさを感じることが出来、冷房設備の無い時代、夏でも温かいまま飲むことで涼気が自然に出て、暑気払いになった様です。


グラスに氷を入れて、冷たくした甘酒をそそぎひと口飲むと、甘さの中にしょうがの辛さがアクセントになってすっきりとした味になります。
甘酒は“飲む点滴”とも云われるほど栄養が豊富で、夏バテ予防にもなりますし、既に、夏バテした身体には優しく作用してくれます。
また、女性には嬉しい美容にも効果があるそうですから、温めてもよし、冷やしてもよしの甘酒。お好きな飲み方でお愉しみください。